協同組合環境改善推進センターのページへ

コンビニ・ショールームで最大30%の空調負荷を軽減した省エネ新技術!!メンテナンスいらずで効果抜群!!/液体カーテンES

省エネ効果実証評価

紫外線99.9%カット
ショールーム、リゾートホテル、コンビニなどの省エネ対策に最適!!

※「液体カーテンES」はインターセプト社の遮熱コーティング剤「エコシールド」のOEM商材として商標登録しています。

「液体カーテンES」の他社との違い

@ 評価された熱・光学特性の項目すべてにおいて業界NO1の遮熱性能と耐久性能を実証!!
(環境省環境技術実証事業/ヒートアイランド対策/建築物外皮による空調負荷軽減技術 HPを参照)

A 冬場の保温効果も実験により実証。冬場で約8%の省エネ性能を実証!!

B コーティング技術なので、既存のガラスに対して省エネをアップできる。
 だから、省エネガラスに交換するのと比べてはるかに経済的

C 特に日射の強い西日対策として効果を発揮!!1200nm近くの近赤外線領域の波長を80%以上カット
 だから、西向きの建物には驚きの効果を発揮します。

D コーティング技術なので、ガラス面の大きさに依存せずに施工することが可能。
 高級リゾートホテルやショールームなどの、外観を大型ガラスで覆ったスタイリッシュな建物に対して難しかった省エネガラス導入も、
「液体カーテンES」なら実現できます!!

E 「液体カーテンES」にはコーティング技術の他に、遮熱性の高いガラスフィルムもご用意しています。
 このため、住宅などを含む部屋用の一般窓への施工も容易となりました。

F 窓ガラスの遮熱対策の他、建築の屋根・壁の空調負荷低減対策として「エコシールドミラー」という高反射塗料を用意しています。
 夏場の熱された屋根からくる温度上昇も和らげる効果を実証しました。

G 窓ガラスの遮熱対策の他、紫外線対策としても活用されております。

紫外線99.9%削減効果によるお客様の声

主婦A:
念願だった住宅を、田舎の地にですが持つことがかないました。でも、喜びもつかの間でした。田舎暮らしだと夏場の夜は住宅の光に集まってくる大きな蛾などの害虫が、ガラス窓に集まってくる様子に不快を感じるようになってしまい、夜も眠れなくなってしまいました。そんな時、紫外線を99.9%カットする「液体カーテンES」を教えていただきました。害虫の多くは紫外線に集まってくるということで、「液体カーテンES」は、ガラス窓の透明度を変えずして、紫外線だけをカットするということで採用しました。その後は開放感ある窓をそのままに、蛾などの害虫も気にならなくなり、快適な住宅ライフを味わっています。
主婦B:
念願の赤ちゃんも生まれ、快適なマンションライフを味わっています。子供もハイハイするようになって、温かい場所が好きなのか、なぜか日光のあたる窓際にいつもいます。お母さんの立場としては、窓際はお肌の大敵な紫外線のあたる場所。お肌の弱い赤ちゃんには、紫外線から離れた場所にいてほしいといつも思っておりました。そんな時、紫外線を99.9%カットする「液体カーテンES」を知りました。最初は、ぽかぽかの陽気も遮熱する「液体カーテンES」は合わないと感じたのですが、実際使うと熱いジリジリ感なく、程よい暖かさが拡がり、今では安心して遊ばせれる赤ちゃん一番のお気に入りの場所です。
展示館館長A:
歴史文化財を展示する展示会館の館長を務めています。展示館では、手紙や、文学者の未発表の原稿、古文書などを展示しています。でも、館内をガラスを多用した構造があだとなり、資料が劣化する危険性から、展示品を避難させなければならない事態で、経営も危ぶまれました。そんな中紫外線カット率99.9%と、ガラスの透明度を維持した施工、施工性の容易さ、省エネ性能という観点から「液体カーテンES」の採用に至りました。展示物は、ガラスのショーケースに保管しています。ガラスのショーケースにも簡易に、そしてガラスへの施工も、未施工ガラスと比べて違和感ない所が気に入っています。
省エネ効果最大30%以上

最大30%の省エネ+αの「液体カーテンES」の特徴

「液体カーテンES」は、たった30%の省エネ性能ではないかと揶揄されることがあります。けれども、よく考えてください。
@窓ガラスを交換せずに省エネ効果を発揮できてしまうこと
A窓ガラスに対する効果だけで最大30%の省エネ効果を発揮できてしまうことを
B機械・設備などのような点検・アフターメンテナンスを必要としないこと(ランニングコストが不要なこと)を。
それだけではありません。ホテル・コンビニエンスストア・ディーラーなどの業種によってはもっとすごいことを提供します。

ホテル・コンビニ・ショールームの省エネ対策

ホテル・コンビニエンスストア・ディーラーなどのショールームは、2010年の改正省エネ法の規制にかかる経営形態となっています。そのような中、次のような観点から評価をいただいています。
@ホテル・コンビニエンスストア・ディーラーなどの建物は、熱損失の高い窓ガラスを多用した構造の建物であり、省エネガラスに交換する予算と比較して安価である
Aホテル・コンビニエンスストア・ディーラーなどの建物は、窓ガラス面積および窓ガラスの占有面積が大きいために、省エネガラスを採用したいと思っても既製品が少ない。このため莫大なコストが必要となってしまう。「液体カーテンES」を使えば、コストを抑えた省エネガラス化が実現できる。
Bとくにサービス業であるホテル・コンビニエンスストア・ディーラーなどは、節電のための空調コントロールが難しい。だからこそ、建物自体の躯体の断熱・遮熱化は重要と考えており、「液体カーテンES」の必要性を感じている。
Cコンビニエンスストア・ディーラーなどでは防犯や購買意欲促進につながるなど観点で、外部から見られることを想定したサービススタイルをとっているため、ブルーやグリーンの色がついたガラスや反射型のミラータイプで外部から店内を見られない省エネガラスの採用には、いかに省エネ性能があるといっても抵抗があった。その点「液体カーテンES」は、ガラス本来の透明度を維持することを目的とした省エネタイプのガラスである点に重要性を感じている。

省エネ効果最大30%以上
西日対策
Copyright(C)2009 ECO CENTER.All rights reserved
〒721-0961 広島県福山市明神町2-14-29 TEL:084-920-9969 FAX:084-920-9968